視力回復センター一覧

奈良県には視力回復センターがなかった!奈良から近い視力回復センターを紹介

更新日:

子供の視力が下がってきて不安な人、視力回復センターがあるというのは聞いているけれどどんな所なのか行けずにいる人・・・。

そんな人のためにこの記事では、どのぐらいの料金がかかるのか?本当に視力が回復するのか?など奈良県の視力回復センター事情を紹介します。

先に結論からお伝えすると、奈良県にあった視力回復センターは閉院し今は1軒もなくなってしまっています。

なので、この記事では奈良県からも通える視力回復センターの紹介と、自宅でできる視力回復教材を紹介していきます。

先に自宅でできる視力回復教材の紹介を読む

 

奈良県には視力回復センターがない!

残念ながら奈良県内には視力回復のための訓練施設がありません。

正確に言えば奈良県内に数店舗あった視力回復センターがなくなってしまいました。

実は視力回復センターは一時期大変注目されて店舗が増えた時もありましたが、今では減少の危機にあります。

これにはいくつかの理由があるのですが、ひとつの時代背景として

注意ポイント

・安価で購入できるおしゃれなメガネ専門店が増えた
・レーシック手術が主流になってきた
・コンタクトの技術が上がってきている

というのがあります。

眼鏡が煩わしいものというよりもお洒落なアイテムに変わってきています。

レーシック手術も年々受ける人が増えてきていて値段も下がってきています。

コンタクトレンズに至ってはとことん装着感にこだわった商品が増えてきていて、裸眼でいるのと変わらないぐらいのものに進化しました。

ここまで矯正器具の技術が上がってしまうと、わざわざトレーニングをして視力を戻そうと思う人が減ってきているのかもしれません。

ただし裸眼で見えるということは何にも代え難い財産です。

裸眼の視力が良いことが条件の職種もまだまだたくさんあります。

子供の将来の可能性を視力のせいで狭めないためにも、今こそ裸眼で見える意味を見直すべきだと思います。

 

奈良県から通える評判の良い回復センターはここ!

奈良県から視力回復センターに通いたい人は、大阪にある京阪視力回復アカデミーがおすすめです。

住所 大阪市都島区東野田町2-9-13 松和京橋第一ビル7階
電話番号 0120-897-449
営業時間 月曜 11時~19時 火~金 11時~20時30分 土日祝 10時~18時

京阪視力回復アカデミーは、年中無休で営業していて、資料請求や視力回復トレーニングの体験なども無料でおこなっています。

ただし視力回復センターが少なくなってきている今、京阪視力回復アカデミーは関西圏内から多くの利用者が集中して通っているセンターです。

事前予約が必要になるので注意してください。

京阪視力回復アカデミーでは、視力の回復とともに眼精疲労にも効果があるコースも用意されているので、小学生の子供から目を酷使する仕事の大人まで多数通っているセンターです。

メモ

なおネットで調べて気になっている人もいるかと思いますが、もともと奈良県にあった「アイメディカルセンター高田」や 「アイトレーニング視快研 新大宮」は現在営業しておりません。ネットの情報は古いまま更新されていないので気をつけてください。

 

奈良県の視力回復センターのデメリットは遠いことと料金が高いこと

とにかく様々な費用がかかってしまうということが、奈良県で視力回復センターに通う最大のデメリットです。

まず県内にないということで最寄りのセンターに通うまでの交通費が毎回かかってきます。(それに伴う時間も立派な財産ですよね)

さらに入会金やコースによって10万円前後の料金がかかることは前述した通りです。

そして視力回復センターはあくまでも自力のトレーニングが視力の回復を左右するので、全ての人が必ず最短で視力が回復するとは限りません。

終わりが見えないトレーニングにお金を払い続けることに不安を覚える人も多いでしょう。

でも安心してください。奈良県にいながらも費用を抑えて、視力回復トレーニングを受ける方法があるのです!

 

奈良県で視力回復を目指すなら自宅でできる視力回復教材を使うべき!

実は視力回復センターが監修して開発された、視力回復のための教材というのが売られています。

インターネットで購入することができます。

視力回復センターで実際に行うトレーニングを、家庭用にアレンジして改良された教材です。

家にあるような身近なもので訓練ができるように工夫されています。

視力回復教材の費用は教材によってまちまちですが、平均して2万円前後の料金です。

視力回復センターに通う1/5の出費で抑えることができます。

この教材は一度購入してしまえば、その後の追加料金は一切かかりません。

家族で一つの教材を共有して使うこともできます。

小さな子供が一人でも楽しく訓練できるような工夫も随所にされていて、1日数分のトレーニングを毎日続けることで、視力の回復を早め定着させていく教材です。

これなら奈良県に住む人がわざわざ時間を作って大阪のような遠くの視力回復センターに通わなくても、自宅でいつでも好きなタイミングで訓練を行うことができますね。

視力回復センターで働く専門の研究者が作った教材なので、安心して使うことができます。

奈良県で視力の低下に悩んでいる人、子供には裸眼のままで成長してほしい人、矯正器具に頼らず仕事やスポーツを行いたい人は是非、視力回復教材を検討してみてはいかがでしょうか。

 

視力回復教材のおすすめランキングを見る

 

 

奈良県・視力回復センターの料金は最低でも10万円から!

奈良県の視力回復センターで本格的に視力を回復させるには、平均して10万~20万円の費用がかかります。

まず入会金として1~2万円を支払うセンターが多く、その後毎回トレーニング料として料金が発生します。

センターによっては、チケット制や月額料金制を設けているところもありますが、視力が回復したと実感するまでにかかる費用は10万円前後と見積もっておいて間違いないです。

結構値段がしますよね。

ただし、視力回復センターでは実際に視力が回復した実績をたくさん持っているので、一生メガネに頼らなくても良いと考えると、費用対効果的には優れているのかもしれません。

例えばコンタクトを処方すると、毎月のコンタクト代に加えて処方箋代や医師の検査を受ける病院代もかかってきます。

積み重ねると年間にして4万円以上はかかります。

3年も近眼のままでいれば、あっという間に視力回復センターの料金を超えてしまいます。

料金だけ見て「10万円以上かかるの!」と思ってしまうのは、ちょっと待ってください。

 

奈良県・視力回復センターに通うと劇的に視力が回復する!

実際に奈良県の視力回復センターにトレーニングで通った人は、6ヶ月ほどで0.5だった視力が1.0以上まで復活する例が多数見られます。

0.5以上視力が上がることは画期的なことで、見え方の違いもはっきりと自覚できます。

視力が1.0を超えると、日常生活では眼鏡などの矯正器具に頼る必要がありません。

また無理に遠くのものを見ようとする筋肉の緊張が弱くなるので、眼精疲労も減るのです。

眼精疲労が減ると身体の他の部分にも影響が出てきます。

慢性の肩こりや頭痛に悩んでいる人には、裸眼の視力が回復することで悩みが一気に解消されたという症例がたくさん出ています。

「今まで針灸に通っても全く効き目がなかった・・・」という人も、奈良県の視力回復センターに通い始めてから調子が良くなったと言います。

あらゆる身体の不調が実は視力が原因だったということがあり、その事実はあまり重要視されていないのもまた現実です。

特に視力の低下で悩む子供には、視力が回復することで得るメリットは多いでしょう。

集中力が増したり、イライラすることが少なくなったり。

嘘のような本当の話で、遠くのものが見えづらいということがどれだけ子供にとってストレスだったのかが手に取るように分かります。

奈良県の視力回復センターに通うようになってから、成績が上がり、運動神経も増し、以前よりも明るく活発に表情が変わった子供達が何人もいるのです。

 

奈良県の視力回復センターのトレーニングは眼の筋トレだ!

奈良県の視力回復センターのトレーニング内容は、毛様体筋のトレーニングが主軸になります。

毛様体筋とは、眼球の周りを支える筋肉のことです。

人は近くの物を見る時は眼のレンズが厚くなり、遠くの物を見るときは薄くなります。

これはカメラの構造と全く同じです。

最近は小学生でもタブレットやスマホなど近くのものを長時間見続ける生活が多くなりました。

その間ずっと毛様体筋は、眼のレンズを厚いままで保とうと頑張っています。

そのため急に遠くのものを見ようとすると、凝り固まってしまった毛様体筋がすぐに反応できず、視界がぼやけてしまうのです。(この状態を「目が悪くなった」と人は感じます)

使いすぎて凝り固まってしまった毛様体筋を、特殊な機材を使ってトレーニングすることで、柔軟な毛様体筋に戻していくことができます。

まるで筋肉をほぐし新たな力を加えるトレーニングジムと同じですね。

特別な機材といっても、眼科にある機械のように、目の中に直接何かが触れるような機械ではありません。

視力回復センターでは薬の処方もないので、副作用などの危険やリスクが伴うトレーニング方法ではないです。

専属の視力回復トレーナーが横について、その人の視力の状態に合わせた訓練を重ねていきます。

センターに通う頻度は月に2回ほどです。

早い人で3ヶ月、多くの人は半年経過する頃から以前との見え方の違いを感じるようになります。

視力回復センターに通うポイントは、視力の低下を感じ始めてからなるべく早めにスタートすることです。

毛様体筋の柔軟性があるうちにトレーニングを始めることで、元の視力に戻るスピードも速くなります。

早めに気がついて行動に起こした人ほど、10万円の料金までかからないかもしれません。

 

 

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.