視力回復センター一覧

岐阜県にある視力回復センターの料金と評判、効果を紹介!自宅にいながらできる視力回復教材も!

更新日:

岐阜県に住んでいて視力の低下に悩んでいるのは、子供から大人まで幅広い年代の人にいるでしょう。

「そろそろメガネにしなきゃダメかな?」「コンタクトレンズうまくできるかな・・・」と悩む前に、落ちかけた視力が元に戻るかもしれない視力回復トレーニングがあることを覚えておいてください!

今回の記事では、岐阜県で視力回復トレーニングを行うことができる視力回復センターの料金や口コミを紹介します。

また、記事の後半では自宅で視力回復トレーニングができる視力回復教材について紹介していきます。

 

岐阜県にある評判の視力回復センターについて

実際に岐阜県内で視力回復を専門に行なっているセンターについて紹介します。

まず最初にお伝えしたいのは、以前まで開院していたセンターで、現在営業が確認できない視力回復センターです。

<中津川綜合視力回復センター>
<視力回復のアイメディカル>

この二つは岐阜県内にあった視力回復センターですが、現在ホームページにもアクセスが繋がらず、該当する電話番号に電話をかけても通じません。

したがって岐阜県内で視力回復センターとして紹介できるのは、近視アスレチックの一択になります。

<近視アスレチック岐阜教室>

住所 岐阜市中鶉3丁目 41-1 1階
電話番号 058ー276ー3138
営業時間 月~金 15時~20時 土曜 10時~19時
定休日 日曜・祝日

近視アスレチックは、視力回復や近視予防のための訓練を行う教室です。

関東と東海地区を中心に展開しています。

子供にも遊びながら視力回復を行うことができるので、楽しく通うことができる教室です。

視力回復体験を行うこともできます。

口コミもよく人気の教室なので事前予約をした方が良いでしょう。

 

岐阜県の視力回復センターに通うデメリット

岐阜県にある視力回復センターに通うデメリットは視力回復に向けてトータルでかかる料金が高いことが一番のデメリットです。

最近主流になってきているレーシック手術よりも、視力回復センターに通う方がお金がかかってしまう場合があります。

レーシック手術の90%以上は術後すぐに視力が上がる実感がありますが、視力回復センターでのトレーニングは急に視力が上がるわけではなく、日々少しずつ回復するのを待つという地道なものです。

なるべく早く視力を回復させたい人には不向きな方法です。

また長い期間にわたって岐阜県の視力回復センターに通っても、一定以上視力が回復することが保証できない時もあります。

これには様々な要因がありますが、1.0まで視力が回復して、それ以上の視力向上を期待するのはなかなか難しいです。

先にも述べたように、近眼のキャリアが長い人や視力の低下の原因が毛様体筋ではなく別な病気にある場合も、視力回復センターに通う意味がなくなってしまいます。

このあたりの判断は視力回復センターでの初回のカウンセリングでじっくりと説明してもらえます。

事前に眼科に検診に行って、診断書をもらってくることも推奨します。

眼科によっては視力回復センターを紹介してくれる場合もあります。

 

岐阜県の視力回復センターよりも自宅でできる視力回復教材がおすすめ

岐阜県の視力回復センターに通わなくても、自宅で視力回復のトレーニングを受けることができる教材が売られています。

これは視力回復センターが監修していて、専門の研究者が開発・販売している教材です。

購入方法はインターネットから申し込むことができます。

岐阜県の視力回復センターで行うトレーニングを、自宅でセルフでできるように開発された教材です。

大きな機材を使わなくても、持ち運びができるようなコンパクトな道具でトレーニングを行っていきます。

視力回復教材のトレーニングは1日13分程度の短時間でできる簡単なものです。

もちろん小学生の子供が一人で行うこともできます。

トレーニングに必要な教材やCD-ROMも入っているので、わかりやすくそして楽しく継続することができます。

この教材のメリットは自宅で手軽に視力回復のトレーニングを行えることです。

手軽なので毎日負担なく続けることができます。

この「毎日連続でできる」ということがトレーニングには大切なのです。

筋トレも1日間隔を空けるだけで鈍ってしまうことがありますよね?毛様体筋も毎日コンスタントにトレーニングを積むことで、一定以上の視力を保つことができるのです。

もう一つのメリットは視力回復教材の値段です。

なんと視力回復センターに通う1/10程度の料金でトレーニングを行うことができます。

購入費用は2万円以内で収まり、その後課金をしていく必要はありません。

視力回復教材の費用は、視力回復センターの1/10なら、視力回復効果も1/10ということはありません。

視力回復センターに通うのと同等の効果を期待することができます。

視力回復教材があれば、毎月決まった日に予約を入れて視力回復センターに通うというデメリットも解消されますね。(特に岐阜県で視力回復センターの数は減ってきています)

視力回復センターに興味はあっても料金の高さに躊躇している人や、通いたくても利便性の良い場所に視力回復センターがない人にとっては、視力回復の教材はとてもおススメです。

ぜひ一度、検討してみてください!

視力回復教材のおすすめランキングを見る

 

 

 

岐阜県の視力回復センターの料金について

岐阜県にある視力回復センターに通って一定の視力を取り戻すまでにかかる費用は、およそ10万円~20万円です。

ここで視力回復センターについて軽く説明します。

視力回復センターは、個々人のトレーニングによって本来の視力を取り戻すことができる施設です。

投薬治療やレーザー手術などの外科的処置は行いません。

視力が落ちる原因は、眼の水晶体を支えている「毛様体筋」という筋肉に関係があります。

近くのものばかりを見ている時の眼球のレンズは、分厚くなるようにできています。

レンズを分厚い状態で保とうとする力が長時間加わり過ぎると、毛様体筋が凝り固まってしまいます。

毛様体筋が凝り固まった状態で急に遠くのものを見ようとすると、レンズを薄くしようとする作用がとっさに出来なくなってしまいます。

そのためピントが合わず視界がぼやけてしまいます。

視界がぼやけている状態を人は「視力が落ちたな」というふうに判断しているのです。

長時間同じ姿勢を続けて突然動き出そうとすると、筋肉が固まってしまっているのと同じですね。

毛様体筋を鍛え直し、とっさの動きにも対応できる柔軟性を取り戻すと、急に遠くのものを見ても視界がぼやけなくなります。そのための訓練を行う施設が視力回復センターです。

岐阜県にある視力回復センターの多くは、入会金として1万円~2万円を支払い、その後月額制やチケット制などセンターによって色々なシステムを取りながら、トータルで20万円弱の料金がかかります。

視力の低下を感じ始めてなるべく早く視力回復センターに通うことで、毛様体筋はすぐに元の状態に戻り、そのぶん料金は安く済みます。

 

岐阜県の視力回復センターの効果について

視力の低下を感じ始めてなるべく早く視力回復センターに通うことで、一定の効果を期待することができます。

残念ながら視力回復センターは、完全に視力が落ちてしまってからのキャリアが長い人には向いていません。

視力回復センターによっては重度の近視に対応しているセンターもありますが、根気のいる長期間のトレーニングが必要で、料金もそのぶん継続的にかかっていきます。

視力回復センターに通う半数以上は小学生くらいの子供達です。

小学校2、3年生ぐらいから子供の仮性近視の数が増えてきます。

スマホやタブレットなど、液晶画面が日常になっている現代では、実にクラスの半数以上の子供がメガネをかけている時があります。

仮性近視は一時的なものなので、眼鏡やコンタクトレンズ処方店では、眼科と提携して子供向けのトレーニングを進めているところも増えてきています。

子供の視力回復に向けた徹底したカリキュラムを組んでいるのが視力回復センターです。

月に1、2回の通所を3ヶ月ほど続けて、視力の向上を感じ始める子供が多いです。
0.5前後だった視力が1.0以上に復活する例が見られます。

裸眼の視力が問われる職業の大人やスポーツ選手も、多く視力回復センターを利用しています。

定期的に通うことで1.0以上の視力を保っている人がたくさんいるのです。

 

岐阜県にある視力回復センターのトレーニングの内容について

岐阜県の視力回復センターでは、専用の機材を用いて毛様体筋を鍛える訓練を行っています。

一般的にはマンツーマンでトレーナーがついて、その人の視力の度合いに合わせたトレーニング方法を助けてくれます。

医療行為ではないので保険は適用外です。

投薬や外科的処置がないので、危険なリスクを伴うものではありません。

視力回復センターによっては、超音波によって眼精疲労に効果がある治療を併用しているところもあります。

トレーニングなので、あくまでも自発的な働きを促す施設です。

子供には子供に合わせたカリキュラムが組まれています。

視力回復センターでは必ず、トレーニングの前と後で視力の度合いを検査します。

遠くの物を見る時の「ぼやけ」が少なくなった状態を保つために、自宅に帰ってからの生活も気をつけるようになります。

視力回復センターによってはオプションで、自宅に持ち帰ることができるトレーニングキットを渡してくれるところもあります。

センターに通うのは月に数回なので、なるべく早く視力回復を目指している人は自主トレーニングも交えながら裸眼の視力を取り戻す訓練を行っています。

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.