視力回復センター一覧

広島県にある2つの視力回復センターの値段、効果、評判を紹介!

更新日:

視力の低下で悩んでいる広島県に住んでいる人に、有益な情報をお届けします。

すぐに眼鏡やコンタクトレンズを検討するのは待ってください!

もしかしたらその視力は、訓練次第で戻るかもしれません。

今回は広島県で視力回復トレーニングを行っている視力回復センターという施設について、料金や口コミ、視力回復効果を詳しく紹介していきます。

また、記事の後半では視力回復センターに通わなくても家庭で視力回復トレーニングができる教材を紹介していきます。

 

広島県にある評判の視力回復センター

広島県内で評判の良い視力回復センターを紹介します。

広島視力回復センター


住所 広島県広島市西区横川町3丁目12-7
電話番号  082ー231ー1003
営業時間 平日 午後1時~20時 日曜 午後1時~17時
定休日 火曜日

広島視力回復センターは、子供だけではなく、空のお仕事の人や乗り物の運転手・レーサー・警察官・自衛隊なども多く通っているセンターです。

初回検査料が4000円で、仮性近視の場合は3ヶ月ほどの通所で合計9万円ほどの料金がかかります。

広島視力回復センターでは、重度の近視訓練も行われていて、7ヶ月以上通い20万円ぐらいの料金です。

視力の低下が重度であるほど、回復後の維持訓練がオプションで付いてきます。

アイ・トレーニング視快研 福山


住所 広島県福山市東深津町1丁目11-14
電話番号 084-927-3210
営業時間  平日 午後1時~20時 土曜 午前10時~午後18時
定休日  日曜日

アイ・トレーニング視快研福山は、2004年に開院したトレーニングセンターで、近視の他にも遠視や老眼にも対応しています。

最初の3回はお試しで1回1080円でトレーニングを受けることができます。

それ以降の料金は週2回・月4回コースで9720円からです。

アイ・トレーニング視快研福山では、自宅で毎日トレーニングできるカリキュラムも用意されています。

 

広島県の視力回復センターのデメリット

広島県の視力回復センターに通うデメリットは、20万円近くの費用がかかってしまうというのが一番のデメリットです。

そしてたくさんお金をかけたからといって、必ずしも視力が1.0以上に回復するという保証もありません。

あくまでもトレーニングの要素が強いので、腰痛で専属トレーナーをつけているところを想像してもらうと分かりやすいと思います。

どんなにトレーニングを積んでも、「いつまでに100%腰痛がなくなる」という劇的な保証は得られません。

地道なトレーニングと諦めない気持ちが何よりも大切です。

広島のように視力回復センターが多くない地域では、わざわざそこまで毎月通うこともネックになります。

子供の付き添いをしなくてはいけない親の負担もありますよね。

一生裸眼の視力を保つことができるかもしれないメリットと、その陰には色々な負担を背負わなくてはいけない現実があります。

 

広島県の視力回復センターに通えない人におすすめの視力回復教材

広島県の視力回復センターで20万円近くの費用をかけなくても、自宅でもう少し手頃な値段で視力回復を期待できる教材が販売されています。

一つの視力回復教材の価格は2万円以内です。

専用のサイトからネットで申し込むことができます。

この視力回復教材は、視力回復センターが監修している安心できる教材です。

視力回復センターで行うようなトレーニングを、自宅で行えるように改良して作られています。

視力回復センターは月に1、2回のペースで通いますが、この視力回復教材は1日10分程度のトレーニングを毎日連続で行うことができます。

1日の負担が少ないことと継続して行うことで、視力回復の度合いがセンターに通うよりは早く期待できるかもしれません。

戻りかけた視力は継続してトレーニングをすることが何より大切です。

1.0近くまで回復しても、日常で液晶画面ばかりを見ている生活であれば、毛様体筋はすぐに消耗してしまいます。

この視力回復教材を使ってトレーニングを行うことで、眼球を支える筋力を鍛え、眼精疲労を和らげることができます。

料金も視力回復センターに通う1/10程度で済むので、センターに通うかどうか迷っている人も一度検討する判断材料に入れてみてください。

視力回復教材のおすすめランキングを見る

 

 

 

広島県にある視力回復センターとは?

視力回復センターとは、裸眼の視力をトレーニングによって復活させるための専門施設です。

全国で数箇所設けられています。

仮性近視と言って、視力が低下し始めたばかりの人が行うことで非常に効果が期待できるトレーニングです。

実際に通っている人の多くは小学生の子供達です。

子供の近眼の多くは一時的なもので、近視トレーニングを行うことで元の視力を回復させることが可能です。

この時期に度が強い矯正器具をつけてしまうことで、眼球を支える毛様体筋という筋肉が衰えてしまって、生涯にわたり矯正器具をつけ続けなければいけなくなります。

人間本来が持つ視力を薬などを使わずに回復させる、それが視力回復センターの目的です。

 

広島県の視力回復センターの料金

広島県の視力回復センターの料金は、入会金が1万円~2万円、そして3ヶ月のスパンで通ったとして10万円~20万円の費用がかかります。

少し高いような気もしますが、元々の視力の度合いによって料金は変動します。

視力が低下し始めて間もない時にトレーニングに通うことで、最低限の料金で済む人もいます。

一方で視力の低下の度合いがかなり進んでいて、長い期間のトレーニングが必要な人や、トレーニングに一段落ついた後も定期的に通うことで裸眼の視力を維持させたい人は、かなりのお金をかける必要があるかもしれません。

最近主流になってきているレーシック手術も、同じく保険適用外で10万円前後の料金がかかりますね。

レーシックの方は一気に視力を回復させることができますが、毛様体筋を鍛え直すことで本来の視力を取り戻す視力回復センターとは、根本的にアプローチの方法が違います。

 

広島県の視力回復センターの効果

視力回復センターでは、仮性近視の人の場合、0.5前後だった視力の人が1.0以上に、0.3前後まで視力が落ちた人も1.0近くまで視力が上がった実績を持っています。

広島県の視力回復センターに通った人の体験談を聞くと、「子供にメガネをかけさせなくて済んだ。」という親御さんの声や、「子供のうちにやっておいたおかげで、大人になっても裸眼のまま過ごしている。」という声も多く聞かれます。

パイロットやスポーツ選手など、裸眼での視力が問われる職業の人も数多く通っています。

一方で視力回復センターの効果を得られない人もいます。

視力が低下してからかなりの年数が経っている人です。

長い年月にわたって矯正器具をつけていることで、毛様体筋の働きがすっかり衰えてしまっています。

視力が0.1以下の人や、視力低下の原因が他の病気と関わっている人も対処方法が異なりますので、まずは眼科でしっかりと検査を受けることが大前提です。

 

広島県にある視力回復センターの訓練方法

広島県の視力回復センターの訓練方法は、専用の機材を用いて毛様体筋を鍛える訓練を行います。

視力回復センターによっては超音波を使いながら、眼精疲労を和らげるケアもしてくれます。

投薬治療や目に直接医療器具が触れるような外科的処置は一切行いません。

そのため視力を失ってしまうリスクや、副作用の心配がないのがメリットです。

視力回復トレーニングは専用のトレーナーが横について行われます。その人の視力の度合いに合わせてトレーニング内容が違います。

また大人と子供で、それぞれにより有効なトレーニング結果を得られるように、様々な趣向を凝らしている視力回復センターもあります。

子供が多く通うので、子供一人でも訓練ができるようなカリキュラムが整っていたり、家に帰ってからも何に注意をして生活をすれば良いか?というのを分かりやすく指導してくれます。

広島にある視力回復センターと、視力回復センターに通わなくても自宅でできる視力回復教材について紹介してきました。

裸眼で遠くのものを見ることができるというのは、何にも代え難い財産です。

特に子供達はそれだけで将来の進路が大きく変わってしまう時があります。

子供達の将来のためにも、また矯正器具をつけることに抵抗がある人も、視力回復のトレーニングに興味を持っていただけたらと思います!

 

-視力回復センター一覧

視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる
視力が悪い人必見!
※自宅で視力回復できる

Copyright© 【視力回復方法を徹底比較】商材・サプリ・手術から比較してぶった切り! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.